看護師求人サイトを比較するなら「看護師転職サイトランキング.jp」

看護師転職サイトランキング.jpでは、口コミや評判を基にして本当に信頼できる看護師転職支援サイト、看護師の求人情報サイトを比較し、ランキング形式でご紹介。看護師の給料・年収情報や、病院、クリニック、介護施設など業種別の就職情報も多数掲載!

転職回数の多さをどう乗り越えるか?

転職回数の多さをどう乗り越えるか?

転職回数の多さをどう乗り越えるか? はコメントを受け付けていません。 LINEで送る 看護師の皆さんの中には、これまでの転職回数の多さに悩んでいる方も多くいらっしゃいます。なかなか長い期間ひとつの職場で仕事を続けることができず、結果として半年~1年おきに転職を繰り返してしまう方も少なくありません。 看護師の転職市場はたいへん売り手市場ですので、一般の転職市場と比べれば転職回数の多さはそこまでネックになりません。年齢にもよりますが、20代後半なら2~3回、30代なら3~4回程度の転職回数であれば、それだけがネックとなり選考に落ちてしまうことはあまりないでしょう。 また、それ以上の転職回数を重ねていても、結果的には無事に希望の転職を実現する方も多くいらっしゃいます。慢性的な看護師不足に陥っている医療現場では、看護師資格を持っている人であれば誰でもいいから一日でも早く来てほしいというのが本音の病院も少なくないのです。 しかし、やはり転職回数の多さは採用の現場ではマイナスにとられることが多いのもまた現実です。そして、採用の際には転職回数だけではなく、勤務していた期間も重要視されます。例えば数ヶ月での退職が何回も続いているような場合は、採用側の目も厳しくなります。 それでは、この転職回数の多さは、どのように乗り越えていけばよいのでしょうか? 2013291704293 まずは「転職癖」を治すところから 転職支援の業界では、何度も転職を繰り返してしまうことを「転職癖」ということがあります。何度か転職をしていると、転職は癖のようになってしまうのです。しかし「癖」というからには、決して良い習慣ではありません。 転職癖とは、いわば目の前に問題が発生するとすぐに「転職」という選択肢に逃げてしまう癖のことを指します。たしかに転職をすれば少なくとも一時的には目の前にある問題から解放されることができます。このときの解放感はとても気持ちいいものですので、癖になるというのも分かります。 しかし、転職を繰り返せば繰り返すほど結果として次の選択肢は少なくなっていき、徐々に追い込まれていくことになります。 また、転職回数の多さに悩んでいる方の相談に乗っていて感じることは、次の転職ができるかどうかという心配よりも、転職を繰り返したことで自信を失ってしまっている方が多いということです。 真面目な方ほど「1年も我慢して勤められない自分はだめな人間なのではないか」と悩み、ますます自分を窮地に追い込んでいきます。毎回職場や同僚のせいにしてすぐに転職を繰り返す人ももちろんだめですが、転職を繰り返すことで自信を失ってしまうのも問題です。 このように、一度転職癖がついてしまうとなかなかそこから抜け出すことができず、事態はどんどんと悪い方向へと向かってしまいます。 それでは、この悪しき習慣を断ち切り、一つの職場で長く働くためにはどうすればよいのでしょうか? 「転職癖」を治すには? 転職癖を治す上で重要なのは、下記のポイントです。 過去の転職回数の多さを素直に受け止める なぜ転職を繰り返したのか、その原因をしっかり考える 同じことを繰り返さないように、次の職場選びの際に原因を考慮する 過去の転職回数の多さを素直に受け止める まず大事なのは、過去の転職回数の多さ、短期間で転職を繰り返してしまったという事実を自分の中で素直に受け止めるということです。転職の原因を誰かのせいにしているうちは、決して転職癖は直りません。 上司や同僚、職場など、自分以外の何かや誰かのせいにして転職を繰り返してしまう人は、大抵の場合、職場ではなくその人自身が問題を抱えていることが多いので、いくら職場を変えたとしても問題(=自分)は常に自分についてまわることになります。そしてそのことにも気づかずに、また転職を繰り返すのです。 「上司からいじめに合った」「残業に耐えられなかった」などやむを得ない事情で転職を繰り返した方も多いと思いますが、それでも、その職場を転職先として選んだのは自分の責任です。同じことを繰り返さないためには、自分を変えるしかないのです。 まずは自分の過去を素直に認め、受け入れるところから始めましょう。なお、受け入れるというのは自分を否定するということではありません。過去の過ちも含めて、ありのままの自分をしっかりと受け入れるという意味です。 大事なのはこれから同じ失敗を繰り返さないことですから、過去の自分を必要以上に責める必要はありません。自分のどこがいけなかったからこのような結果になったのかということを冷静に考える心を持つことが重要です。 なぜ転職を繰り返したのか、その原因をしっかり考える 過去の転職回数の多さや、それに伴い発生するであろうハンディキャップを受け入れたら、次はその原因についてしっかりと考えてみましょう。 過去の転職理由を自分なりに分析してみると、「自分は何が一番耐えられないのか。」「本当に自分に向いている仕事はどんな仕事なのか」など、自分のことがはっきりと見えてくるはずです。 このとき、いつも同じ理由で転職を繰り返してしまうだめな自分が浮き彫りになることもありますが、それも仕方がありません。そのだめな自分もありのままの自分として受け入れないと、また同じことを繰り返す可能性があります。 何度も同じ理由で転職をするということは、不満に思った点こそが、あなたにとって一番大事なことなのです。それが給料であれ残業時間であれ人間関係であれ、その気持ちに素直になることが大事です。 同じことを繰り返さないように、次の職場選びの際に原因を考慮する 過去の転職理由から共通点を探り、自分の軸がしっかりと見えてきたら、次こそはその軸に忠実に転職活動をするようにしましょう。「だめな自分を変えなければ」「もうどんなことがあっても我慢しなければ」など、無理をする必要はありません。 ありのままの自分がストレスなく働ける環境を選ぶことが一番重要です。それがわがままな要望だったとしても、実際にそうなのだから仕方がありません。次の職場選びは、自分の心に従って慎重に行いましょう。 面接の場で転職回数の多さについて聞かれたら? 転職回数が多い方の場合、面接の場では高い確率で過去の転職回数の多さやその理由について聞かれるはずです。採用側としては、せっかく採用してもまたすぐに辞められてしまっては困りますので、どうしても転職回数の多さは気になるのです。 また「転職回数が多い」=「本人に忍耐力がない」と考えている採用担当者なども少なくありませんので、面接の場ではこうしたネガティブな印象を払拭する必要があります。 転職回数が多い方が面接時に気をつけたいポイントは、下記の4つです。 転職した理由を他責で語らない 次こそは長く働きたいという気持ちを伝える 様々な経験をしたことで得られたものも伝える それぞれのポイントについて説明していきます。 転職した理由を他責で語らない 転職理由を他責(自分以外の何か・誰かのせいにすること)で語るのは絶対にNGです。転職回数が1回、2回などであればまだ分かりますが、何回も転職を重ねている人が「職場の環境が悪かった」「人間関係が良くなかった」などと言っていると、「それは本人の性格や協調性に問題があるのでは?」と感じてしまいます。 自分は悪くなかったということを主張するよりも、むしろ素直に自分の過去の過ちを認めて、今後は同じことろ繰り返さないように頑張りたいと言える人のほうが採用側としても魅力的に映るのです。 また、まれに、職場のせいにするでもなく自分のせいにするでもなく「運が悪かった」というような表現を使う方もいますが、これもあまり印象は良くありません。採用側の気持ちとしては、そんな「運が悪い」人とは一緒に働きたくないというのが本音です。 冗談のような話ですが、かつて、行く先々の会社で倒産という憂き目に会い、転職を繰り返している方にお会いしたことがありますが、この方も、過去の会社の倒産はその方のせいではないにも関わらず、疫病神のように思われてなかなか面接に通過しないということがありました。 次こそは長く働きたいという気持ちを伝える 短期間で転職を繰り返している人は、そもそも一つの職場で長く働こうという意思がないのでは?と思われることもあります。そのため、「これまでは不本意な転職であって、本当は長く働きたい」「次こそは長く働きたい」と、長く働く意思があることを相手にアピールすることも重要です。 どうしても説得力に欠けてしまうのは仕方がありませんが、それでも意思を伝える、伝えないでは印象は大きく変わります。 様々な経験をしたことで得られたものも伝える 転職回数が多いということは、マイナス面もある一方で、プラスの面もあります。様々な職場環境、仕事を経験したことで幅広い視野やスキルが身についていると思いますし、一つの職場にいただけでは分からなかた様々なことを勉強できたのではないでしょうか? 転職は、どんな形であれ人を成長させてくれるものです。新しい環境に飛び込めば苦労もありますし、その中で学ぶこと、成長できることは多いのです。 転職回数が多かったからこそ得られたもの、学べたものという点は、むしろ強みとしてアピール材料になります。 ネガティブな印象を払拭し、ポジティブな印象を与えるためにも、「転職を繰り返してきたからこそ見えてきたもの」をしっかりと考えて、相手に伝えるようにしましょう。好意的に受け取ってくれる採用たん奏者も必ずいるはずです。 看護師転職サイトも上手に活用しよう 転職回数がネックとなってなかなか転職活動がうまくいかない、自分に自信が持てない、面接に通過できない、などの悩みを抱えている方は、看護師転職サイトのキャリアアドバイザーに相談してみるのも一つの手です。 病院のなかにも、転職回数を気にするところもあればあまり重視していないところもありますので、合格可能性が高い病院を中心に紹介してもらうこともできます。また、過去の転職理由を一緒に掘り下げてもらうこともできますし、面接に向けて転職理由の伝え方に対するアドバイスもしてもらえます。 また、看護師転職サイトを利用することで得られる何よりのメリットは、入職前に求人先の職場の雰囲気や内情について情報提供をしてもらえるという点です。 過去に、人間関係を理由に転職を繰り返してきた方も多いと思いますが、職場の人間関係などは実際に入職してみるまでは分からないのが通常です。しかし、看護師転職サイトであれば、事前にそうした病院内部の情報もしっかり教えてくれますので、入職後にミスマッチが起こる可能性をできる限り減らすことができます。 ぜひ上手に看護師転職サイトを活用して、今度こそは長く働ける職場への転職を実現しましょう。おすすめの看護師転職サイトについてはこちらを参考にしてください。

看護師求人サイトを比較するなら「看護師転職サイトランキング.jp」

広告を非表示にする