看護師求人サイトを比較するなら「看護師転職サイトランキング.jp」

看護師転職サイトランキング.jpでは、口コミや評判を基にして本当に信頼できる看護師転職支援サイト、看護師の求人情報サイトを比較し、ランキング形式でご紹介。看護師の給料・年収情報や、病院、クリニック、介護施設など業種別の就職情報も多数掲載!

看護師の求人広告サイトを利用するなら看護師転職サイトランキング.jp

求人広告サイトを利用する

求人広告サイトとは、病院や施設などが求人サイトに対して広告料を支払い、有料で看護師の募集広告を掲載しているサイトのことを指します。タウンワークなどの求人情報誌のウェブ版と考えれば分かりやすいですね。 「転職サイト」と言うときは、この「求人広告サイト」や「転職エージェント」、「転職エージェントの集合型求人サイト」などを全部ひっくるめて言っていることが多いのですが、正確にはこれらのサイトの内容でできることはそれぞれ大きく異なっています。 少し紛らわしいのですが、それぞれの違いについてはしっかりと理解しておきましょう。 下記のページも参考にしてください。 転職エージェントとは? 転職エージェントの集合型求人サイトとは? ここでは、求人広告サイトを活用して転職する際のメリット、デメリットについて詳しく御説明していきます。 メリット 求人広告サイトを利用する代表的なメリットとしては、下記が挙げられます。 前払いスタイルの広告の場合、採用ハードルが下がることも? やり取りが早い 写真や従業員のコメントなど、情報量は多い それぞれの項目について詳しく説明していきます。 前払いスタイルの広告の場合、採用ハードルが下がることも? 病院や施設など、採用側が広告料を支払って求人を掲載する求人広告サイトの場合、採用側の料金支払い方法としては、主に「前払い」と「採用成功報酬課金」という2つの方法が存在しています。 「前払い」とは、一般的な求人広告の支払い方法で、掲載をする前に広告料を支払するスタイルのことを指します。 逆に「採用成功報酬課金」とは、求人広告の掲載自体は無料で、その求人サイトを経由して採用が決定した時点で支払いの必要が生じる、成功報酬型の課金スタイルです。転職エージェントなどもこのスタイルですね。 このうち、「前払い」スタイルで運営されている求人広告サイトに広告を掲載する場合、成功報酬型の求人サイトや転職エージェントよりも、採用のハードルが下がることがあります。 なぜなら、前払いの場合、病院や施設は既に採用にかかる費用を求人サイト側に支払ってしまっているため、採用をしてもしなくてコストは変わらないからです。 前払いの場合は、採用すればするほど、1人あたりの採用単価が下がっていくことになります。そのため、採用側には「せっかく広告費用をかけたのだから、採用しないのはもったいない」という力学が働いて、結果として採用ハードルが下がってしまうのです。 やり取りが早い 求人広告サイトの場合は、掲載されている求人に応募してからのやりとりは、採用側の病院や施設などと直接やりとりすることになります。そのため、全てを自分自身で対応しなければいけないぶん手間は増えますが、直接応募するときと同じようにやり取り自体はスピーディーに進んでいくケースが多くなります。 写真や従業員のコメントなど、情報量は多い 求人広告サイトの場合、求人広告を掲載する側にとって一番大事なのは、そのサイトに自社の求人広告を掲載することでどれだけの応募が来るか、ということです。 よく「応募単価」などと言われることもありますが、看護師の方からの応募を1件獲得するのにいくらかかるのか、という点がその求人広告サイトを利用するかしないかを判断する上で重要になるのです。 求人広告サイトの場合、応募を生んでなんぼの世界ですから、当然ながら応募意欲を喚起するために、求人広告の情報がリッチになります。 テキストだけではなく画像をふんだんに使用して病院の雰囲気を伝わりやすくしたり、実際に働く看護師の方のインタビューを掲載したりと、様々なコンテンツで興味を惹きつけようとしています。 そのため、掲載されている情報量自体はハローワークなどよりも圧倒的に豊富になっています。 デメリット 続いて、求人広告サイトのデメリットもご紹介していきます。 ハローワーク経由や直接応募より採用ハードルが上がることも ネガティブな情報は少ない 応募先とのやり取りは面倒 それぞれの項目について詳しく説明していきます。 ハローワーク経由や直接応募より採用ハードルが上がることも 求人広告サイトの場合、求人を出す病院や施設は、採用に費用をかけることになりますので、採用費用がかからないハローワーク経由や直接応募してくる看護師よりも、採用のハードルが上がることがあります。 もちろん、どのような経由で応募してきたかはその看護師のスキルや能力とは関係ありませんから、採用手段に関わらず基準を満たした候補者は採用すると言うのが本来の採用担当に求められる姿だと言えます。 しかし、実際には限られた予算の中で採用活動を行わなければいけない病院や施設がほとんどなので、やはりできるならコストがかからない手段で採用人数を確保したいと言うのが本音のところも多いのです。 ただし、上記で説明した通り求人広告サイトの場合は求人広告費用を先に支払ってしまっていることも多いため、逆に採用側の病院や施設に「支払った費用を回収しなければ」という力学が働いて、結果として採用ハードルが下がることもあります。 なので、求人広告サイトの場合はいくら採用側に費用負担がかかるといえども、ハローワーク経由や直接応募などと比較して必ずしも採用のハードルが上がるかというと、そんなことはありません。 ネガティブな情報は少ない 求人広告サイトに掲載される情報は、転職を希望している看護師の応募意欲を喚起するための情報ですから、基本的に病院や施設に関するネガティブな情報はほとんど掲載されません。口コミ情報や実際に働く看護師のインタビュー記事などを見ても、書いてあるのはいいことばかり。 もちろん、実際にいい面もあるのだとは思いますし、嘘は書いていないでしょうが、当然どの職場にもいい面もあれば悪い面もあるのです。転職先を検討する際には、いい面ばかりではなく悪い面もしっかりと把握した上で入職するかどうかを決めたいという方がほとんどではないかと思います。 しかし求人広告サイトの情報だけに頼っているとネガティブな情報はほとんど入手ができないので、それだけを信じて入職してしまうと、入職後にギャップを感じることがあるかもしれません。 応募先とのやり取りは面倒 求人広告サイトの場合、求人を検索し、応募するまではサイト内で行いますが、その後のやり取りについては病院や施設などと直接行うことになります。そのため、面接日程の調整や給与条件の交渉などは、全て自分自身で行わなければいけません。 夜勤や残業などで現在のお仕事が多忙で、転職活動に十分な時間が割けない方は、応募先とのやりとりだけでかなり負担になってしまう可能性もあるため、こうした手続きが面倒な方は転職エージェントに登録し、代行してもらうほうがよいかもしれません。 まとめ 情報収集にはとても便利。ただしネガティブな情報もしっかり入手しよう 求人広告サイトの何よりの魅力は、職場の写真や実際に働く看護師のインタビュー記事など、とにかくコンテンツが充実しているので、直接職場の見学に行かなくてもある程度職場の雰囲気などをイメージすることができると言う点です。 しかし、上記でも説明した通り求人広告サイトの場合、基本的に情報の9割はポジティブな情報で、応募意欲をそぐようなネガティブな情報は掲載されていません。 ただ、実際に転職先を決める上では、入職する病院や施設に関するネガティブな側面もしっかりと把握した上で慎重に検討したいという方がほとんどだと思います。 求人広告サイトに掲載されている情報だけを鵜吞みにして入職してしまうと、入職後にギャップを感じて後悔する可能性もありますので、求人広告サイトで気になる求人を見つけたら、「病院名+口コミ」で検索をしてみたり、転職エージェントに相談してその病院の実情をヒアリングしてみたりするなど、他の手段でも情報を取得して、より客観的に判断できるようになりましょう。 「転職手段を比較する」の他のページも見る 転職手段を比較する 転職サイトを利用する 求人広告サイト 転職エージェント 転職エージェントの集合型求人サイト ハローワーク eナースセンター(日本看護協会) 直接応募 知人・友人の紹介 おすすめの転職手段!裏技はこれだ! ページのトップへ戻る

看護師求人サイトを比較するなら「看護師転職サイトランキング.jp」

広告を非表示にする