看護師求人サイトを比較するなら「看護師転職サイトランキング.jp」

看護師転職サイトランキング.jpでは、口コミや評判を基にして本当に信頼できる看護師転職支援サイト、看護師の求人情報サイトを比較し、ランキング形式でご紹介。看護師の給料・年収情報や、病院、クリニック、介護施設など業種別の就職情報も多数掲載!

プリセプティ

プリセプターと合わない!新人看護師の悩み

プリセプターと合わない!新人看護師の悩み はコメントを受け付けていません。 LINEで送る 新人看護師にありがちな人間関係の悩みとして非常に多いのが、プリセプターとの関係です。プリセプターとの関係がうまくいかずに仕事や職場そのものが嫌になり、早期で退職にいたってしまう新人看護師の方も少なくありません。そこでここでは、プリセプターとの人間関係に関する悩みについてお話ししたいと思います。 pixta_7878888_M プリセプターとの人間関係に関する悩み プリセプターとの人間関係に関する悩みは下記に挙げたように非常に数多くあり、いずれもたいへんよく聞く話ばかりです。皆さんにも共感できたり自分に当てはまる悩みがあるのではないでしょうか? プリセプターと性格の相性が合わない 無視される・冷たい態度をとられる 指導が厳しく、接するのが怖い 新人でできないのは当たり前なんだから、そんなに怒らないで欲しい 理不尽とも思えるような膨大なレポートを課される 常に忙しそうにしており、話しかけづらい そのときの気分と感情で言っていることがコロコロ変わり、疲れる いじめられているのでは?と感じることすらある プリセプターのストレスのはけ口になっているだけのような気がする プリセプターに指導力が足りず、教えてもらえない 何かと同期を比べられて、プレッシャーになる 同期のプリセプターは本当にいい人なのに、自分は外れくじを引いた 自分のプリセプターは自分より同期の子とのほうが仲がよい 上記のように、プリセプターとの人間関係がうまくいかず、お互いに信頼関係を築くことができないまま一人で悩んでいる新人看護師の方は非常に多いのが現状です。 病院の中には、プリセプターとプリセプティの人間関係がなかなか円滑成立せず、結果として新人看護師の早期離職や職場の雰囲気の悪化につながってしまうため、既にプリセプター制度を廃止した病院や、1対1の担当制はやめた病院などもあるほどです。 しかし、そもそもはじめからプリセプターとの人間関係がうまくいかないことを望んでいる方は一人もいないはずです。最初は誰でもプリセプターと仲良くしたいと思っているはずですし、色々教えてもらえて相談にも乗ってもらえる頼れる先輩として深く付き合っていきたい、そのためにもプリセプターに認めてもらえるように頑張りたい、とほとんどの方は思っていたのではないでしょうか? それなのになぜ、多くの方はプリセプターとの人間関係がこじれてしまうのでしょう?次に、プリセプターとの人間関係が上手くいかない理由について考えていきます。 プリセプターとの人間関係がうまくいかない理由 プリセプターとの人間関係がうまくいかない理由にももちろん様々な理由がありますが、大きく3つに分類すると大体は下記のいずれかにまとめられます。 そもそも自分とプリセプターの相性が合わない 自分の態度や言動、能力に問題ある プリセプターの態度や言動、能力に問題がある それぞれのポイントについて詳しく見ていきます。 そもそも自分とプリセプターの相性が合わない 人間には相性というものがあります。どんなに近づこう、合わせようと努力しても、どうしても「この人とは合わないな」「考え方が理解できないな」という人はいるものです。もし、自分を担当してくれるプリセプターとの相性が全く合わない場合、これはどうしようもありません。プリセプターも感情を持った人間ですから、どんな人にも合わせられるわけではありません。どちらかが嫌悪感を示せば、その嫌悪感を鏡のようにお互いに跳ね返し合うようになり、人間関係はどんどん悪化していくものです。 どうしても相性が合わないと感じたら、それ以上は無理してもストレスが増えるだけですので、その人間関係を解消する必要があります。看護師長や部長など上司に相談してプリセプターを代えてもらうのもよいですし、率直にプリセプターに自身の考えを伝え、建設的な方向へ解決策を考えてもらうのもよいかもしれません。 相性が悪いと感じている場合、大体のケースはお互いにそうした違和感を持っているので、意外と本人にストレートに相談してみるのが近道になるケースも多いのです。 現状の職場ではどうしてもプリセプターチェンジもできず、関係が解消できない場合は、職場を変えることを本格的に検討する必要もあるかもしれません。 自分の態度や言動、能力に問題ある 新人看護師の方々の多くはプリセプターとの関係に悩んでいるのですが、実はその原因はプリセプターではなく、あなた自身にあるということも少なくありません。新人の頃はどうしても受身になってしまいがちですし、慣れないことばかりで精神的な余裕もないので、なかなか自分のことを客観的に振り返る余裕は持てません。 よくよく話を聞いてみると、自分から関係を改善しようとする努力もしていないのに、傷つくことを恐れて全てプリセプターのせいにしてしまっている方や、自分は教えてもらって当然とばかりの態度で教える側の意欲を削ぐような言動を無意識にしてしまっている方も少なくありません。 しかし、よくよく考えてみれば、プリセプターも自分の仕事で忙しく、ただでさえ精神的・時間的余裕もない中、場合によっては望まないにも関わらず病院側の都合でプリセプターをお願いされているケースもあるのです。 プリセプティもプリセプターも経験した看護師の中には、自分がプリセプターになってみて、はじめてプリセプターの気持ちが分かったという方も少なくありません。確かに新人看護師は大変なのですが、それはプリセプターだって同じなのです。 通常、プリセプターは3年目ぐらいの看護師が担当するケースが多くなりますが、3年目と言えばようやく仕事に一人前にこなせるようになってきた段階で、決して余裕があるわけではありません。病院側としても、3年目ぐらいの中堅看護師にプリセプターとしての経験を積ませることで更に成長してもらおうという意図があるので、プリセプター側はプリセプター側のほうで精いっぱい悩みながらなんとか役割を果たそうと試行錯誤しているのです。 そんな状態のときに、新人看護師が職場の迷惑も顧みず自分勝手な行動をとっていたり、職場に貢献しようという態度も見せずに受身な姿勢でいたら、どのように感じるでしょうか。まして、病院は医療の現場ですから、常に高いプロ意識が求められる場所です。 プリセプターは確かに怖いかもしれませんし、自分は嫌われているのでは?と思うほど厳しい指導を受けることもあるかもしれません。しかし、そこで傷つくことを恐れて自分を守ろうとしてしまったら、関係は決してよくなりません。人間関係は鏡のようなものです。相手の態度が悪いと感じるということは、あなたの態度に問題がある可能性も非常に高いのです。 相手に不満を言う前に、まずは自分自身を正してみる。これは、プリセプターとの人間関係に限らず全ての人間関係に共通するものです。プリセプターに可愛がられている同期の子がいるのであれば、なぜその子は気に入られているか、考えてみて下さい。 新人なのに仕事ができるからでしょうか?それとも、プリセプターや先輩、職場に同僚に対するきめ細やかな配慮を常に欠かしていないからでしょうか?指導されたことは文句を言わずに素直に受け入れて、二度と同じミスをしないように努力しているからでしょうか?プリセプターと上手に人間関係を築いている同期からも、必ず学ぶことはあるはずです。 「あの子は相性がよいからだ」など相性の問題として片づけることをせずに、まずは精一杯、自分から関係の改善に向けて積極的に働きかけてみるのも大事です。 プリセプターの態度や言動、能力に問題がある 新人看護師の皆さんにはできる限りプリセプターとの関係改善に向けて努力をしてほしいところですが、残念ながら中にはどう考えてもプリセプター側に問題がある、というケースも存在しています。 新人看護師を教育するプリセプターとしての適性が低い人が担当になってしまうと、これは本当に残念ですが、プリセプターをチェンジしてもらうか、さもなければ職場を変えない限り、問題を解決することはできません。具体的には、下記のようなタイプの方は、プリセプターに向いているとは言えません。 そもそも人に興味・関心がない 仕事や職場に対するモチベーションが低い 性格・人格に問題がある そもそも、人に対する興味や関心があまりない人は、教育者には向いていません。プリセプティにどうなって欲しいのかという目標が明確になかったり、何とか成長させてあげたい、という気持ちが持てない人にはなかなか難しいでしょう。逆にそうした思いや愛情がある人であれば、プリセプティのことを想ってときには厳しく指導することもありますが、それがプリセプティのストレスになるということはあまりありません。愛情を持って接してくれるプリセプターであれば、どんなに厳しくても人は信頼してついていくものです。 また、仕事や職場に対するモチベーションが低い看護師もプリセプターには向いていません。これは本人だけが原因ではなく、職場環境や病院の体質そのものが問題のケースも非常に多いのですが、原因はともあれ仕事に対する志がなければ、自分の仕事すら身が入らないのに、まして新人の面倒まで見るというのは本人にとっては余計な仕事以外の何物でもないからです。当然ながら、プリセプティのことを思って色々面倒を見てくれる、ということはありえないでしょう。 そして最後は、性格や人格の問題です。たとえば、「自分がプリセプティ時代にプリセプターからひどい仕打ちを受けたので、今度は自分もプリセプティに同じように接してやろう」などと考えている看護師は非常に危険です。普通であれば、プリセプティ時代に苦い経験があれば、それを反面教師として、自分がプリセプターになったときにはプリセプティを支えてあげられる先輩になろうと思うのが正しい姿です。どうしてもそのようには思えないという方は、やはりプリセプターには向いていないでしょう。 プリセプターとの人間関係を改善するには? プリセプターとの人間関係を改善するためには、まずは上記で挙げた3つのパターンのうち、自分の場合はどのパターンにあたるのかを考えることが大事です。ほとんどのケースは1か2のケースなのですが、稀に3のようにどうしようもなくプリセプター適性が低い看護師が担当になってしまうこともあります。 最初に考えたいのは2のポイントです。まずは、何か自分に問題があるのではないかと考えて、どうしたら解決できるかを考えてみましょう。また一人で悩まずに、思い切ってプリセプターに相談してしまう、というのも一つの手です。プリセプターも、新人から悩みを相談されるのは嬉しいものです。人は誰でも人から頼られるのが嬉しいからです。 仕事や業務に関する指示、指導は「少しぐらい自分で考えてから聞いてくれよ」と思うこともありますが、真剣に「自分はどうやったら変われるのか」を相談してみれば、まともなプリセプターであればしっかりと相談に乗ってくれるはずですし、そうして自分から心を開くことで、相手との距離が縮まり、関係が改善に向かっていくと言うケースもよくあります。 そのように、まずは自分から動き出してみて、それでもどうしてもこれ以上はだめだなと感じたら、今度はあまり自分を責めすぎずに、「やはり相性が悪いのかも」と考えを変えてみるのも重要です。 何事も悩みすぎは禁物ですし、全てを自分のせいにして考えるのも逃げ場がなくなり辛くなってしまうからです。「相性が悪いのかも」と感じたり、「これ以上はプリセプターの問題でしょう」と素直に思えるぐらい、自分なりに頑張れたのであれば、そこから先は看護師長や看護部長、他の先輩など第三者の力を借りて、問題を解決していきましょう。 プリセプターのチェンジ、職場の転換、転職など、方法は様々です。 キャリアアドバイザーに相談してみるのも一つの選択肢 問題を解決するための一番の早道はプリセプターを交代してもらうことですが、病院によってはそう簡単に交代してもらえるわけではありません。また、大病院などであれば職場の配置転換の可能性などもありますが、これもそう簡単に希望が通るものではありませんし、何よりプリセプターとの人間関係がこじれたまま同じ病院内にいるのは難しいというケースもよくあります。 その場合、思い切って転職、という選択肢も考えられますが、まずは転職を決める前に、転職支援会社のキャリアアドバイザーに相談してみるというのも一つの手です。 転職支援会社への相談となると「転職が前提」と考えている方も多いのですが、実際にはそんなことは全くありません。転職支援会社に登録したからといって必ずしも転職をする必要はないので、まだ転職しようかどうか悩んでいる、という方でも相談に乗ってもらうことが可能です。 職場の人間関係に関する悩みはなかなか職場の同僚や先輩にも相談しづらく、何かと一人で悩んでしまいがちです。だからといって家族や友人に相談しようとしても、家族は友人は看護の職場の現場は分からないので、的確なアドバイスをもらえない、というケースもよくあります。 そんなときは、家族でも友人ではなく、第三者として客観的にアドバイスをしてくれる看護師転職支援会社のキャリアアドバイザーの存在は非常に頼りになります。 彼らは看護師のキャリア支援を専門に行っていますので看護師の仕事や病院の内情にも非常に精通していますし、看護師ならではの悩みにも深く共感してくれます。だからといって職場の同僚や友人、家族などではなく基本的には赤の他人ですので、思い切っていろいろな相談をすることも可能です。 悩んでいるときは、いきなり悩みを解決しようと思わなくても、まずは誰かに相談をするだけでもだいぶ気持ちが前向きになるものです。相談をしたうえで、キャリアアドバイザーなら悩みを聞いてくれるだけではなく、一緒に悩みの解決に向けて同じ目線で考えてくれますので、とても頼りになるはずです。 新人看護師の皆さんには仕事のこと、人間関係のこと、将来のことなど不安や悩みが尽きないと思いますが、ぜひそんなときは上手に看護師転職支援会社を活用してみてはいかがでしょうか? ちなみに、数多くある転職支援会社の中でも、特にキャリアアドバイザーが親身に相談に乗ってくれるおすすめの会社としては、下記が挙げられます。 看護のお仕事 ナース人材バンク マイナビ看護師 プリセプターとの関わるのは最初の1年だけで、プリセプティとしての期間を乗り越えれば、看護師としては大きく成長しているはずです。ぜひ、一人で悩まずに周りの力も借りながら前向きに乗り切っていきましょう。

看護師求人サイトを比較するなら「看護師転職サイトランキング.jp」

広告を非表示にする