看護師求人サイトを比較するなら「看護師転職サイトランキング.jp」

看護師転職サイトランキング.jpでは、口コミや評判を基にして本当に信頼できる看護師転職支援サイト、看護師の求人情報サイトを比較し、ランキング形式でご紹介。看護師の給料・年収情報や、病院、クリニック、介護施設など業種別の就職情報も多数掲載!

看護師いじめの原因と解決策

看護師いじめの原因と解決策

看護師いじめの原因と解決策 はコメントを受け付けていません。 LINEで送る 看護師の皆さんの中には、職場でのいじめに悩んでいる方が非常に多くいらっしゃいます。転職の相談をしにくる看護師の方の転職理由でも、職場でのいじめや人間関係のストレスを原因に挙げる方は非常に多いのが現状です。そこで、ここでは看護師の職場における「いじめ」の問題について考え、解決策を探っていきたいと思います。 20132985035 職場でこんな「いじめ」を受けていませんか? 看護師の職場におけるいじめには、本当に様々なタイプがあります。プリセプターから新人看護師へのいじめ。古くからいるお局看護師からのいじめ、看護師長からのいじめ、医師からのいじめなど、いじめてくる相手も様々です。職場でいじめにあった看護師の方々に経験談を聞いてみると、大体下記のようないじめを受けたことが多いようです。 患者の前で怒鳴られる 常に冷たい態度であしらわれる 自分に接する時だけ明らかに態度が違う 声をかけても無視される 理不尽な依頼をしてくる なにかと雑用を任せてくる 嫌がらせのようなシフトを入れてくる 仕事に必要な情報を共有してもらえない 仕事をお願いしても手伝ってもらえない 休憩室などで陰口を言われる 根も葉もない噂を流される 人格を否定してくる 嫌がらせをしてくる いかがでしょうか?上記のうち、皆さんはいくつ当てはまりますか?いずれの内容も本当によく聞く話ばかりです。直接態度として示してくる場合や陰で嫌がらせをする場合などタイプは様々ですが、全て精神的に非常にストレスが溜まる方法ばかりですね。特に、患者の前で怒鳴られる、根も葉もない噂を流される、などは精神的なショックも非常に大きい、とても陰湿なやり口だと思います。 同僚や先輩看護師などから上記のようないじめを日常的に受けている場合、明らかに職場環境に問題があると言えますので、ぜひ早急に解決に向けて動き出すことをおすすめします。 看護師いじめの原因 そもそも、看護師の職場ではなぜそんなに頻繁にいじめが発生するのでしょうか?これは、病院という特殊な労働環境や、看護師という特殊な職業も影響していると考えられます。いじめが発生しやすい環境要因としては、下記が挙げられます。 女性比率が高く、ウェットな人間関係になりやすい 職場の特性上、全員が常に身体的・精神的に高いストレス状態にある 仕事の特性上、過剰な厳しさや指導が許されてしまうことがある ひとつひとつの原因について詳しく見ていきましょう。 女性比率が高く、ウェットな人間関係になりやすい 看護師の職場はなんといっても他の職場と比較して女性の比率が高いので、どうしても横の人間関係が重要視され、ウェットな関係になりがちです。もちろん男性が多い職場でもいじめはありますが、女性同士の人間関係の難しさに悩んでいる看護師の方が圧倒的に多いのが現状です。特に先輩看護師と後輩看護師の関係や、古くからいる看護師と新しく入ってきた看護師の関係などは難しく、ほとんどの職場で同じような悩みが生まれています。 職場の特性上、全員が常に身体的・精神的に高いストレス状態にある 医療の現場は、常に緊張感に満ちています。仕事におけるミスが命取りになることもありまし、いつなんどき緊急事態が発生するとも限りません。看護師は、常に一定の緊張感を保ち続ける必要があり、知らず知らずのうちに強い精神的ストレスを抱えてしまいがちです。本人にはあまり自覚がなかったとしても、日常的にかかっている精神的な負荷は相当なもので、新人もベテランも全員が常に精神的余裕がない中で働いているのです。 そして、その精神的ゆとりを更に失わせるのが、看護師の激務な労働環境です。もちろん職場によっては十分に休息がとれる職場もありますが、夜勤などの不規則な労働や長時間にわたる残業などは体力的にも大きな負荷がかかり、余計にストレスを感じやすくさせます。 こうした厳しい環境で働いていると、人はどうしても精神的なゆとりを失い、周囲に優しい気持ちを持てなくなってしまったり、想像力が失われて自分本位な行動をとってしまいがちになります。ストレスを発散するはけ口を探そうとすることもよくあります。こうした看護師ならではの労働環境が、必然的にいじめへとつながってしまうのです。 仕事の特性上、過剰な厳しさや指導が許されてしまうことがある 看護師の仕事は患者の命が関わっていますから、ミスを防ぎ、看護師として一人前の仕事ができるようになるまではある程度、厳しい指導が必要になります。指導に甘さがあって問題が起きてしまってからでは遅いからです。しかし、「患者のため」「医療現場で働く責任として」といった大義名分を盾にして、ときとして新人看護師への指導が行き過ぎてしまうこともよくあります。 本来「叱る」と「怒る」という行為は全く別の行為です。行動を正すために必要な指摘をすることが「叱る」であり、「怒る」というのは単なる感情の吐露でしかないのですが、指導力が未熟で精神的な余裕もない看護師が新人教育を担当すると、ついつい過剰に厳しい言動になったり、突き放したような指導方法になってしまったりするのです。 ただ、そうした指導を受けた場合でも、「患者のため」「これが医療現場の厳しさ」などと正論を言われてしまえば、指導される側としては何も言い返すことができず、黙って我慢するしかありません。こうしていじめはエスカレートしていきます。 このように、看護師の職場におけるいじめは、いじめる側やいじめられる側のパーソナリティに原因があるだけではなく、そもそも職場自体にいじめが発生しやすい環境があり、職場環境そのものがいじめの温床となってしまっているという側面もあります。まずはこの事実を冷静に捉えるだけでも、客観的に自身の環境を見つめ直すことができるのではないかと思います。 いじめる人は、なぜいじめてくるのか? 上記のように、いくら看護師の職場環境がいじめが発生しやすい状況にあると言っても、全ての職場でいじめがあるわけではありませんし、同じ職場でもいじめてくる先輩もいれば、相談に乗ってくれる優しい先輩もいるのが実情です。なので、いじめの原因を全て職場環境のせいにして片づけられるわけではありません。 それでは、いじめてくる人は、一体なぜ、あなたのことをいじめてくるのでしょうか?ここでは、いじめる側に回りやすい典型的なタイプをご紹介したいと思います。今、いじめに悩んでいる方は、いじめてくる相手が具体的にどのタイプなのか、少し考えてみましょう。 僻み・妬み 精神的に余裕がない 精神年齢が低い ストレスを抱えている 自分に自信がない 一つ一つのポイントについて解説していきます。 僻み・妬み 非常に多いのは、いじめる側がいじめられる側のほうを内心では僻んだり妬んだりしているというケースです。仕事の覚えが早くて看護師長からも気に入られている、自分以外の看護師とやたら仲良くしている、容姿が整っている、学歴が高い、私生活が充実している、など先輩や同僚があなたを妬む理由はたくさんあります。 また、新人看護師の方にはまだ実感がないかもしれませんが、そもそも女性の場合は20代後半から30代より上になってくると、自分より若いというだけで十分妬みや僻みの対象になるのです。若さというのはそれだけで絶対的な優位であり、特に理由が無くても、いじめるには十分な理由になることも多いのです。 相手に対する妬みや僻みの気持ちが生まれると、「相手に対してみじめな自分」という構図に耐えられなくなり、人は心のバランスをとるためにいじめに走ります。相手をいじめる、つまり自分より下の立場に置こうとすることで、自分の立ち位置を保とうとするのです。 自分に自信がない また、上記の妬み・僻みというのは、自分に自信がないことの裏返しでもあります。自分に自信があり、そもそも自己肯定感が高い人は、人をいじめたりしません。もともとそうしたネガティブな感情が湧きおこる心のスペースがないのです。自己肯定感が高い人は、相手の優れている点を羨ましいとは思うものの、相手を貶めるのではなく自分を向上させようと思います。つまり、いじめてくる人は、一見攻撃的な性格のように思えて、実は深いコンプレックスを抱えていたり、自分に自信がなく、弱さを隠すためにナイフを尖らせているケースも多いのです。 精神的に余裕がない 精神的なキャパシティがどれだけあるか、つまり心の余裕がどれだけあるか、という点も重要です。心に余裕がない人はなかなか人に優しく接することはできませんので、どうしても攻撃的になりがちです。もし相手がいじめてきたら、「ああこの人は心にゆとりがないんだな」と思って逆にこちらは心にゆとりを持って接するというのも一つの手です。 ストレスを抱えている 精神的に余裕がない人につながるのですが、ストレスを過剰に抱えている人も、自分のストレスを発散するために、ストレスをぶつける先として後輩や同僚などを選ぶ人がいます。ストレスをぶつけられる側からすると大変な迷惑ですが、実際に過剰なストレスをいじめで解消している人も少なくありません。感情的に人に当たり散らせば、少なくともいっときは気が晴れたような気持ちになるからです。 精神年齢が低い 看護師も様々ですから、中にはどう考えても精神年齢が低いと感じざるを得ない方もいるでしょう。精神年齢が低い人は相手の気持ちが分からず、自分本位な言動をとりがちなので、いじめに加担する可能性が高いと言えます。精神年齢が低いまま職業人となってしまった原因がどこにあるのかは分かりませんが、このタイプはあまりいじめているという自覚もなくときには無邪気な子供のように人を傷つけてくるので、ある意味やっかいな存在と言えるかもしれません。 このように、いじめてくるタイプにも様々なタイプがいますし、上記全てに当てはまるという人もいるかもしれません。いじめをする人は、必ずターゲットを絞ってきます。そのターゲットとは、いじめたとしても自分の立場を脅かすような行動はとらないと確信できる人。つまり、自分は傷つくことなく、安全圏の中から攻撃し続けられる人を探す、ということです。 どうやっていじめを解決しよう? さて、いよいよ、看護師の職場におけるいじめ問題の解決について考えていきます。当サイトでおすすめするのは、ずばり、問題を無理に解決しようとせずに、「問題がないところへ逃げる」という方法です。具体的には、下記の順番で考えていきます。 相談する 休む 逃げる ひとつひとつ詳しく解説していきます。 1、相談する まずいじめに悩んでいるときに一番大事なのは、決して問題を一人で抱えずに、誰かに相談することです。ここで一番大事なことは、誰かと悩みを共有し、まずは気持ちを楽にすることですので、必ずしも相談相手から適切なアドバイスをもらう必要はありません。もちろん欲しいのはアドバイスだと思いますが、それ以前に誰かに悩みを打ち明けるだけでも、人は問題の半分以上は解決したような明るい気持ちになれるものです。 それでは、具体的には職場のいじめに関する悩みは一体誰に相談すればよいのでしょうか?相談相手は様々に挙げられます。 職場の上司・先輩・同僚 友人・家族 キャリアアドバイザー インターネット 職場の上司・先輩・同僚 いじめの相談相手として本当に一番望ましいのはやはり職場の上司や先輩などです。ベストなのは、いじめてくる相手より上の立場の人に相談し、上から本人に指摘をしてもらうことです。しかしこのやり方は、相談の仕方や相談相手となる上司や先輩の力量によってはかえっていじめがエスカレートする可能性もあります。また、そもそも上司や先輩が必ずしも自分の味方になってくれるとも限りませんので、非常にリスクが高い相談相手だと言えます。本当に信頼できる上司や先輩であれば大丈夫ですが、職場の誰かに相談する際は慎重にするのが賢明です。 友人・家族 友人や家族に相談するのもおすすめですが、職場の悩みを友人や家族に打ち明けるのにはなかなか勇気がいるという方も多いのではないでしょうか?変に心配をかけたくないという方も多いと思いますし、友人や家族に愚痴を言うのは申し訳ない、自分のかっこ悪い姿を見せたくない、という方などもいらっしゃるのではないかと思います。距離が近すぎるというのも相談相手としてはなかなか難しいものです。 これまでもお互い気兼ねなく何でも相談してきたような間柄の家族や友人がいるのであれば別ですが、実際にはそうした家族や友人がいるというのは恵まれたケースです。また、家族や友人に相談することのデメリットは、彼らは看護師の仕事や病院という特殊な職場環境について理解しているわけではない、という点です。一般論としてアドバイスをもらうことはできても、やはり看護師ならではの悩みに共感してもらい、的確なアドバイスをもらうのは難しいケースがよくあります。 もちろん、上述した通り相談することの一番の目的はアドバイスをもらうことではなく、悩みを誰かと共有して楽になることですので、相談ができればそれだけでも十分なのですが、できれば看護師の仕事や職場の状況もリアルにイメージしてくれる人に相談したいものです。 インターネット 職場の人にも家族や友人にも相談できる人がいない、というときに頼りになるのがインターネットの掲示板などです。匿名のネット掲示板では、日々看護師の方々が悩みを共有し、アドバイスをしあっている光景が数多く見られます。ネットの掲示板に書き込むと、ときには心ないユーザーから誹謗中傷を受けたりすることもありますが、看護師のための掲示板では比較的そのようなユーザーも少なく、お互いに自らの経験を基にして丁寧にアドバイスをしあっているようです。 ネットに相談するというのは気が引けるという方も多いかもしれませんが、もし自分が相談を書きこむのには抵抗感があるというのであれば、まずは掲示板を除いて、自分と同じような悩みを抱えている人の相談を見てみるだけでもだいぶ気持ちは楽になるはずです。 いじめの悩みを抱えている人は自分だけではないんだと分かることでまずは安心しますし、似たようなケースへのアドバイスは、自分が直面している問題 にも活かせるケースがよくあります。まずは掲示板を除いてみるだけでも、きっと何かが変わるはずです。 キャリアアドバイザー おすすめなのは、看護師転職支援会社のキャリアアドバイザーです。実は、看護師転職支援会社には、いじめや職場の人間関係悪化に悩んでいる看護師の方が非常に多く訪れます。看護師の転職理由のほとんどは人間関係といっても語弊がないほど、皆同じように悩んでいるのです。 看護師転職支援会社のキャリアアドバイザーのいいところは、下記3つの条件を満たしていることです。 看護師の仕事や職場の状況をよく理解している 赤の他人なので、かえって何でも相談しやすい カウンセリングスキルが高く、話をじっくり聞いてくれて適切なアドバイスもくれる 上記で挙げた通り、キャリアアドバイザーは看護師の仕事にも精通していますし、これまでにも何人もの看護師の方から同様の相談を受けているので、豊富な経験を基にして適切なアドバイスをもらうことも可能です。そして、意外に重要なのが、彼らは「赤の他人」だということ。 キャリアアドバイザーは基本的には赤の他人ですので、日常生活で関わることはありません。しかしそのような立場だからこそ、思い切って相談できることということがよくあるのです。友人や家族には言いづらい悩みや、職場では絶対に口に出せないような不満も、キャリアアドバイザーなら親切に受けとめて聞いてくれます。看護師転職支援会社のキャリアアドバイザーに相談をしたからといって転職までする必要はまったくありませんので、まずは今の悩みを聞いてもらう、という目的で相談してみるのは実はとてもおすすめです。 2、休む 誰かに悩みを打ち明けてまずは気持ちを少しでも楽にすることができたら、次は「休む」ことを考えてみましょう。数日休むでもいいかもしれませんし、場合によっては一定期間、休職すると言うのも一つの手かもしれません。 休むことは、問題から逃げているようで、実はとても大切な時間となります。気分をリフレッシュさせて問題に向き合うエネルギーを与えてくれることもありますし、少し問題から離れることでかえって状況を客観的に考えることができるようになり、今後、どのようにしていくかについて冷静に判断することができるようになります。 まとまった休みが取れるのであれば、旅行に行ったりするのもおすすめです。ぜじ自分がリラックスできる状況を意識的に作り出してみましょう。 そうはいっても職場を休むことなんて簡単にはできないという看護師の方がほとんどだと思いますが、その流れをどこかで断ち切らない限りは、辛い日々は続いていきます。体調不良など無理やりに理由をつけてでも、一度は息が詰まる今の職場から距離を置いてみることが重要です。 3、逃げる 職場を一時的に離れて休息をとり、少しでもいじめの問題について「考える」元気が出てきたら、休みをとったことは大正解です。そして、よくよく考えてみて、「いじめを解消するために態度を強気にしていこう」など、もう一度問題に向き合う覚悟をするのも一つの手です。中には「あの人はかわいそうな人だから」と割り切って、いじめてくる相手を見限るのもよいでしょう。 しかし、いじめという問題は本当に難しく、いじめられる側よりもいじめる側に問題がある場合、いくら自分が努力をしたとしてもいっこうに相手の態度が変わらない、もしくはむしろ悪化してしまう、というケースもよくあります。 そんなときは、もう問題を解決するのはやめて、問題から逃げるというのも有効な選択肢です。わざわざ問題がある場所に自分の身を置く必要はありません。全ての動物がそうであるように、逃げるというのは生存していく上で非常に大事かつ有効な選択肢なのです。 世の中には星の数ほど看護師の職場がありますし、今より自分にフィットする職場は必ず見つかるはずです。看護師の方が非常にチームワーク良く働いている病院や施設もたくさんあります。そうした環境へと身を移し、ゼロからスタートするのもおすすめです。 転職支援会社を上手に使って! 職場でのいじめに悩んだら、そんな職場は早く見限って思い切って転職してしまうというのはとてもおすすめです。幸い看護師は売り手市場が続いていますから、よほどの理由がない限り、次の職場を探すのに苦労することはあまりありません。 ただし一点注意が必要なのは、次に選ぶ職場こそは、人間関係が良好な職場を選ぶということです。しかし、職場の人間関係は、実際に入職してみるまでは分かりません。そこで活用できるのが転職支援会社なのです。 転職支援会社は、過去に相談に乗ってきた多くの看護師の方々からの口コミや病院などへの直接取材などを通じて、外からはなかなか分かりづらい、病院や施設内部の職場環境や人間関係について熟知しています。看護師長や看護部長の性格までしっかり把握しているケースも少なくありません。 ですので、人間関係を理由に転職する場合は、次に同じ失敗を繰り返さないためにも転職支援会社を活用して情報収集するのが一番確実なのです。 担当してくれるキャリアアドバイザーにお願いすれば、内部の情報についても詳しく教えてくれるはずですし、あなたの代わりに病院に問い合わせてもらうことなども可能です。 いじめの相談はキャリアアドバイザーに乗ってもらい、あなたの性格やパーソナリティを理解してもらった上で求人を紹介してもらうことができるので、次の職場でのミスマッチは必ず少なくなるはずです。 特にそうしたカウンセリングに力を入れており、丁寧に情報を提供してくれるおすすめの会社としては、下記が挙げられます。 看護のお仕事 ナース人材バンク マイナビ看護師 ぜひこれらの会社を上手に活用して、次こそはいじめのない職場でいきいきと楽しく働きましょう!

看護師求人サイトを比較するなら「看護師転職サイトランキング.jp」

広告を非表示にする