看護師求人サイトを比較するなら「看護師転職サイトランキング.jp」

看護師転職サイトランキング.jpでは、口コミや評判を基にして本当に信頼できる看護師転職支援サイト、看護師の求人情報サイトを比較し、ランキング形式でご紹介。看護師の給料・年収情報や、病院、クリニック、介護施設など業種別の就職情報も多数掲載!

療養型病棟(慢性期病棟)に転職するメリット・デメリット

療養型病棟に転職するメリット・デメリット

ここでは、療養型病棟への転職をお考えの看護師の皆様のために、療養型病棟の特徴やメリット・デメリットについてご紹介していきます。 療養型病棟は「急性期よりもゆっくり時間が流れている」「じっくりと患者に向き合うことができる」というイメージがある一方で、「スキルが身につかない」などのネガティブな意見を聞くこともありますが、実際に療養型病棟で働いた経験がある看護師の方からの話を伺うと、イメージとは異なる療養型病棟の実情が見えてきます。 療養型病棟への転職をお考えの方は、先入観にとらわれることなくしっかりと事前のリサーチを行い、働き方を想像しましょう。 療養型病棟の特徴 療養型病棟には、下記の2種類の病棟が存在しています。 介護療養病床:介護保険が適用される療養病床 医療療養病床:医療保険が適用される療養病床 介護療養病床については介護施設との機能面の違いの曖昧さから保険料の無駄遣いではないかという指摘もあり、医療費削減の流れの中で2017年末までの廃止が検討されており、今後は医療療養病床へと転換する病院が多いと考えられます。 介護療養と医療療養では看護師の配置人数も仕事内容も異なります。医療療養のほうが看護師の配置人数は多いのですが、看護師が医療行為に携わるケースも多く、寝たきり患者の食事・排泄介助や入浴介助、人工呼吸管理、麻薬管理、輸血まで幅広い仕事をこなすため、実際の業務は一般に想像される療養型病床のイメージよりもずっと忙しいという現状もあるようです。 療養型病棟のメリット 療養型病棟で働いている看護師の方から聞くことが多い療養型病棟の代表的なメリットとしては、下記が挙げられます。 一人一人の患者と長くじっくり関わることができる 毎日の変化は少ないが、そのぶん少しの病状や反応の変化に喜びを感じやすい 急性期と比較すると残業は少ないので、自分の時間はとりやすい 幅広い業務の経験ができ、急性期とは違うスキル・経験が身につく 療養型病棟は、急性期病棟出身者からも人気がある転職先です。急性期と比較して患者ひとりひとりとじっくり関わることができますし、日々の変化は少ないものの、変化が少ないからこそ細かな観察眼が必要とされ、少しの変化に喜びややりがいを感じることもできます。 また、療養型も決して業務が「楽」ということはありませんし、急性期とは違う忙しさがありますが、急性期と比較すれば残業などは少ない傾向にあるので、家事や子育てなどプライベートとの両立を重視したい方や、業務後は勉強の時間にあてて資格取得・スキルアップをしたいという方にも向いています。 療養型病棟のデメリット 次に、療養型病棟で働いている看護師の方から聞くことが多い療養型病棟の代表的なデメリットについてもご紹介します。 日々の変化が大きくないので、やりがいを感じづらい人も 患者の対応が難しい 人間関係がウェットになりがち 療養型病床は「忙しくない」というのは誤解ですが、病院としての役割上、急性期と比較すれば入院患者の日々の変化はそこまで大きくなくう、業務のバタバタ感もありません。そのため、日々のルーティンが退屈に感じる方や、やりがいを感じられないという方もいます。 急性期のような緊張感のある環境で目まぐるしくバリバリと働くのが好きという方には合わないかもしれませんが、もちろん療養型には療養型のやりがいがありますので、向き・不向きがあると言えます。 また、療養型病床は高齢の寝たきり患者の方なども多く、じっくりと関われると思っていても、実際にはコミュニケーション自体を取ることが難しいケースなどもありますし、急性期よりも長期間に渡り関わるからこそ、信頼関係の構築も重要となります。そうした療養型特有の難しさはあります。 そして、療養型の場合は急性期と比較すれば年配の看護師の方も多いので、若手看護師の方は、入職後しばらくは人間関係の構築に苦労すると言う話もたまに耳にします。 ただ、業務が「忙しくない」「楽だから」といった理由ではなく、療養ならではの看護のスタイルが自分に合っていると考えて転職をされる方であれば、失敗なく転職後もやりがいを感じながら働いている方が多いように感じます。 こんな方におすすめ 下記に当てはまる方は、療養型病棟への転職がおすすめです。 プライベートも充実させつつスキルアップしたい 認定看護師の資格取得に向けた時間を作りたい 急性期のあとの看護を勉強したい 大変な面も含めて、患者一人一人とじっくり向き合う看護がしたい お年寄りの方と接するのが好き 小さな変化に気付くきめ細やかさや観察力がある 療養型病棟への転職を成功させるポイント 療養型病棟への転職をお考えの中には、「急性期のハードさに疲れたから」「もう少し楽に働きたい」とお考えの方も多いかもしれません。 しかし、実際には療養型病棟の看護師も業務内容は多岐に渡り、急変対応などもあるため、療養には療養ならではの忙しさがあります。 また、急性期以上に患者とじっくり関わる必要があるため、人間関係に関わる精神的な負荷も感じやすい環境にありますので、人によっては急性期のようなあっさりとした人間関係のほうが向いていると感じることもあるようです。 そのため、業務負荷の軽減などを主たる目的として療養型病棟への転職をお考えの方は、転職先の病院では実際にどの程度の業務負荷があるのかをしっかりと確認しておく必要があります。 夜勤の体制や、医療療養病床なのか、介護療養病床なのかについても必ず把握しましょう。 重要なのは、具体的な業務のイメージをできる限り正確に持っておくことです。 逆に、患者とじっくり向き合うことの大変さや難しさも十分に理解した上で、慢性期の患者に対してきめ細やかな看護を地道に行っていくというスタイルが自分に合うと感じている方にとっては、とても良い選択肢となることでしょう。 おすすめの転職エージェント 療養型病棟への転職で失敗しないためには、上記の情報をしっかりと把握して病院の実態を掴むことが重要ですが、自分ひとりでは、なかなかリアルな情報収集をするのが難しいのではないかと思います。 そんなときは、看護師専門の転職エージェントを上手に活用して療養型病院の求人に関する情報収集を行いましょう。 療養型病院への転職に強いお勧めの転職エージェントは、下記となります。 ナース人材バンク 看護のお仕事 マイナビ看護師 転職エージェントは相談も無料で、相談したからといって必ず転職する必要もありません。 まだ転職しようかどうか迷っている方でも親身に相談に乗ってくれますので、ぜひ上手に活用してください! 「業種から探す」の他のページも見る 急性期病棟 療養型病棟 精神科 回復期リハ クリニック 訪問看護 介護施設 ページのトップへ戻る

看護師求人サイトを比較するなら「看護師転職サイトランキング.jp」

広告を非表示にする