看護師求人サイトを比較するなら「看護師転職サイトランキング.jp」

看護師転職サイトランキング.jpでは、口コミや評判を基にして本当に信頼できる看護師転職支援サイト、看護師の求人情報サイトを比較し、ランキング形式でご紹介。看護師の給料・年収情報や、病院、クリニック、介護施設など業種別の就職情報も多数掲載!

小児科に転職するメリット・デメリット

小児科に転職するメリット・デメリット

ここでは、小児科への転職をお考えの看護師の皆様のために、小児科の特徴やメリット・デメリットについてご紹介していきます。 子供が好きで小児科に携わりたいという小児科希望の看護師の方も多くいる一方で、小児科はとても大変なので避けたいという看護師の方も多くいます。実際のところ、小児科で働くことにはどんなやりがいがあり、どんな苦労が伴うのでしょうか? 小児科の特徴 小児科には成人科にはない様々な特徴がありますが、その中でももっとも代表的な違いは、「患者の子供だけではなくその親への対応も重要である」という点です。 治療方法などについても当然子供だけでは決められないことがほとんどなので、必然的に患者の親とのコミュニケーションが多くなり、患者への対応はもちろんですが、それ以上に親に対してしっかりとした対応ができるかという点もポイントとなります。 また、小児科の場合は成人科よりも緊急入院が多く時間を読みづらいこともありますし、食事介助や寝かしつけなど、幅広い仕事が看護の中に含まれます。 そして、小児科の何よりの特徴は、インフルエンザの時期はとても忙しくなるという点です。毎年冬になればインフルエンザの予防接種も増えますし、インフルエンザ患者も多く訪れます。 インフルエンザ患者にインフルエンザをうつされてしまうことは良くありますし、予防接種もワクチンの種類が多くその違いを覚えるだけでもかなり大変だという方もいます。 小児科のメリット 小児科で働いている看護師の方から聞くことが多い小児科の代表的なメリットとしては、下記が挙げられます。 小児科は成人の全ての科が集まるので、とても勉強になる 子供の笑顔を見ると、どんなに辛く大変でも、元気がでる 小児科の場合は「小児」というカテゴリで子供のあらゆる症状に対応する必要があるため、様々な科目について学ぶことができるという点は魅力的です。 また、実際に小児科で働いている看護師の方々からは、「仕事自体はとてもハードで親との関わり合い大変だが、子供が元気になり笑顔になるのを見ると、とても元気が出てやりがいを感じる」という声をよく聞きます。 子供が好きな方にとっては、大変な面も辛い面も含めてやりがいがある職場だと言えそうです。 小児科のデメリット 次に、小児科で働いている看護師の方から聞くことが多い小児科の代表的なデメリットについてもご紹介します。 親との関わり方、対応が難しい 患者自身と意志疎通が図れないことも多い 小児科の一番の難しさは、何と言っても患者である子供だけではなく、その親とも深く関わる必要があるということでしょう。親にしてみれば、自分の大切な子供を預けるわけですから、看護師に対して厳しい目を向けるのは当然のことです。厳しい要望やクレームを受けることもあるようです。 小児科を転職した看護師の方々の中には、子供はとても好きだったのだがその親への対応が辛くて辞めたという方も数多くいます。 そして、小児科の難しさは、患者自身と意志疎通が図れないことも多いと言う点にもあります。子供はそもそもなかなか言うことを聞いてくれませんし、理性的な行動をとってくれるわけではありませんから、内服だけで何時間もかかってしまったり、泣き喚かれてしまったり、自分で点滴を抜いてしまうことなども頻繁にあります。 ときには、泣き喚く子供を押さえつけて処置を施すこともあります。しかし、このようになかなか思い通りに治療が進まなかったとしても、自己点滴抜去により症状が悪化したり、ベッドから転落したりといった事故が起こった場合には、看護師は責任を負わなければいけません。このような、子供を扱う小児科ならではの難しさに嫌気が差してしまう方もいるようです。 こんな方におすすめ 下記に当てはまる方は、小児科への転職がおすすめです。 子供が好き 様々な科目の看護について勉強したい 小児科への転職を成功させるポイント 実際に小児科で働いた経験がある看護師の意見としては、「小児科には患者との意思疎通の難しさ、親への対応、幅広い科目、仕事内容の幅広さ、など小児科ならではの大変さがあるため、「子供が好き」という気持ちだけでは難しい」という意見が大半です。 一方で、小児科ならではの大変さや辛さも含めて「やはり子供と接するのはとても楽しく、元気が出る」というのも小児科で働く看護師の方々の共通した意見です。 子供が好きというだけではなく、ハードな環境も十分に理解した上で、それでも小児看護に携わりたいという気持ちをお持ちの方であれば、とてもやりがいがある仕事だと言えそうです。 小児科への転職を考える際には、患者の来院人数、主な症状、看護師の業務範囲、残業の状態などをしっかりと確認し、実際の現場では看護師にどの程度の負荷がかかっているのかなどを十分に理解した上で職場を選ぶのがよいでしょう。 おすすめの転職エージェント 小児科はクリニックや病院の小児病棟まで幅広い選択肢がありますが、それぞれの病院やクリニックによって患者の人数や看護師の配置体制、業務範囲、勤務体系なども異なりますので、看護師専門の転職エージェントを活用して情報収集するのがおすすめです。 小児科への転職に強いお勧めの転職エージェントは、下記となります。 ナース人材バンク 看護のお仕事 マイナビ看護師 ナースフル 転職エージェントは相談も無料で、相談したからといって必ず転職する必要もありません。 まだ転職しようかどうか迷っている方でも親身に相談に乗ってくれますので、ぜひ上手に活用してください! 「科目から探す」の他のページも見る 内科 小児科 美容外科・美容皮膚科 産婦人科 整形外科 ページのトップへ戻る

看護師求人サイトを比較するなら「看護師転職サイトランキング.jp」

広告を非表示にする