看護師求人サイトを比較するなら「看護師転職サイトランキング.jp」

看護師転職サイトランキング.jpでは、口コミや評判を基にして本当に信頼できる看護師転職支援サイト、看護師の求人情報サイトを比較し、ランキング形式でご紹介。看護師の給料・年収情報や、病院、クリニック、介護施設など業種別の就職情報も多数掲載!

急性期病棟に転職するメリット・デメリット

急性期病棟に転職するメリット・デメリット

ここでは、急性期病棟への転職をお考えの看護師の皆様のために、急性期病棟の特徴やメリット・デメリットについてご紹介していきます。 急性期病棟でのお仕事は、「とにかく忙しい!」というイメージがあると思います。 しかし最近では、残業を減らす取り組みやコメディカルスタッフとの業務分担が進んでいる病院が多くありますので、先入観を捨てて忙しさをきちんと確認しましょう。 急性期病棟の特徴 とにかく「忙しい」「大変」というイメージが強い急性期病棟ですが、一方でスキルアップ志向の強い若手看護師の方を中心に希望の転職先としてとても人気があるのも事実です。 急性期病棟は急性憎悪を含む発症後間もない患者や病状が不安定な患者の方を対象に一定期間集中して医療を行うのが二次救急、三次救急が役割ですので、患者の出入りも激しく、救急搬入、急変対応など常にめまぐるしい忙しさがあるのが特徴です。 しかし、「忙しい」「大変そう」という理由だけで急性期病棟への転職を諦める必要はありません。最近では、看護師の確保に向けて残業を減らすためにコメディカルスタッフとの業務分担を進めたり、院内に保育所を設置して子育てが必要な看護師の受け入れ体制を整えたりと、病院側も様々な工夫により労働環境の改善に努めているケースが多くあります。 また、急性期病棟の特徴としては、若手の看護師が多いという点も挙げられます。急性期病院は看護学校を併設していることが多く、新卒の入職者を数多く受け入れていることや、業務特性上、独身で時間も体力もある若手看護師のほうが働きやすい、「自分の経験を活かす」というよりは「スキルアップをしたい」という志向を持った若手看護師が集まりやすい、など様々な理由があります。 もちろん、急性期にも中途入職する看護師は数多くいますし、最近では病院側の労働環境改善や業務分担の推進による負担軽減などで、徐々に看護師の年齢層も広がってきていますので、「スキルアップしたい!」「急性期で頑張りたい!」という気持ちがあれば、どなたでも転職の可能性はあります。 急性期病棟のメリット 急性期病棟で働いている看護師の方から聞くことが多い急性期病棟の代表的なメリットとしては、下記が挙げられます。 スキルアップをすることができる 短期間で数多くの症例の経験を積むことができる ハードだがそのぶんのやりがいを感じる 常に緊張感はあるが、活気があり、職場の雰囲気が良い 急性期病棟の魅力は、なんといってもスキルアップとやりがいです。仕事は忙しくてスピードも求められるうえ、急変対応や残業などもあり精神的にも肉体的にもハードな環境であることは間違いないですが、そのぶん短期間で数多くの症例経験を積むことができ、看護師としての知識やスキルを高めることができるため、大きな成長感を感じることができます。 また、新卒で急性期病棟に就職後、仕事がつらくなり一度は慢性期や精神病棟などに転職したものの、やはり急性期病棟の雰囲気が忘れられず、もう一度チャレンジしてみたいと考えて転職を考える方も数多くいらっしゃいます。 患者の出入りも激しく、とても忙しい急性期病棟ならではの活気や雰囲気に魅力を感じる方も多いようです。 急性期病棟のデメリット 次に、急性期病棟で働いている看護師の方から聞くことが多い急性期病棟の代表的なデメリットについてもご紹介します。 ハードな労働環境(残業が多い・夜勤がある・急変対応なども多い) 患者の1人1人にじっくりと関わることはできない 急性期病棟は急変対応や救急搬入などの業務の特性上、どうしても残業や休日出勤、夜勤などが増え、プライベートの時間が確保しづらいという傾向はあります。休日も勉強会に参加する場合など、1週間に1日も休まずに病院に勤務している若手の看護師の方も数多くいます。急性期病棟を転職したいという方の転職理由の中で一番多いのがこの労働環境のハードさからくる肉体的・精神的負担です。 また、急性期病棟では慢性期と違い患者の方の入院期間も短い上、次々と新しい患者に対応する必要があるので、1人1人の患者の方にじっくりと向き合って看護をするというスタイルを希望される方には向かないかもしれません。 こんな方におすすめ 下記に当てはまる方は、急性期病棟への転職がおすすめです。 成長意欲があり、看護師としてのスキルアップを望んでいる 認定看護師の取得を目指したい 数多くの症例経験を積みたい 活気のある職場で働きたい 刺激や変化が多い職場環境で働きたい 急性期病棟への転職を成功させるポイント 急性期病棟への転職を考える際、皆さんがもっとも気になるのは実際の忙しさや労働環境ではないでしょうか。 実際の忙しさを把握するためには、先入観やイメージにとらわれず、病院の実態を把握することです。実態を把握するためには、オペ数や救急車の搬入数、外来患者数、患者の平均在院日数、看護師の配置人数などの客観的な数字をしっかりと把握することです。 また、福利厚生の充実や労働環境改善も病院によって取り組み状況が大きく異なるので、そのあたりもしっかり確認する必要があります。認定看護師の取得を目指す方は、資格取得支援制度などもチェックしておきましょう。 そして、若手の看護師が多い中でやっていけるのかが不安という方は、職場の平均年齢や看護師の構成、中途看護師の入職実績などを確認してみましょう。 おすすめの転職エージェント 急性期病棟への転職で失敗しないためには、上記の情報をしっかりと把握して病院の実態を掴むことが重要ですが、自分ひとりでは、なかなかリアルな情報収集をするのが難しいのではないかと思います。 そんなときは、看護師専門の転職エージェントを上手に活用して急性期病院の求人に関する情報収集を行いましょう。 急性期病院への転職に強いお勧めの転職エージェントは、下記となります。 ナース人材バンク 看護のお仕事 マイナビ看護師 転職エージェントは相談も無料で、相談したからといって必ず転職する必要もありません。 まだ転職しようかどうか迷っている方でも親身に相談に乗ってくれますので、ぜひ上手に活用してください! 「業種から探す」の他のページも見る 急性期病棟 療養型病棟 精神科 回復期リハ クリニック 訪問看護 介護施設 ページのトップへ戻る

看護師求人サイトを比較するなら「看護師転職サイトランキング.jp」

広告を非表示にする