看護師求人サイトを比較するなら「看護師転職サイトランキング.jp」

看護師転職サイトランキング.jpでは、口コミや評判を基にして本当に信頼できる看護師転職支援サイト、看護師の求人情報サイトを比較し、ランキング形式でご紹介。看護師の給料・年収情報や、病院、クリニック、介護施設など業種別の就職情報も多数掲載!

看護師の転職理由

看護師の転職理由

ここでは、看護師の皆さんが一体どのような理由で転職を考えるのか、その転職理由について迫っていきます。 職場の数だけ問題があり、看護師の数だけ悩みがあるものですが、実際ところ、他の看護師のみんなはどのような理由で職場を去り、次の職場を探しているのでしょうか。まずはデータを基にして見ていきましょう。 データで見る看護師の転職理由 厚生労働省が公表している看護師実態調査のデータを見てみると、看護師が職場の退職理由に挙げた理由の上位ランキングは、下記の通りになっています。 ※看護師の退職理由(主な理由3つまで)(n=11,999) 看護師の転職理由 (※厚生労働省「看護職員就業状況等実態調査結果」を参考に作成) やはり、退職の理由として最も多いのが「出産・育児のため」「結婚」に伴う退職です。女性が90%を占める看護師ならではの何ともハッピーな転職理由ですね。 出産・育児、結婚に次いで多く挙がっている理由が、「他施設への興味」です。 「病棟からクリニックに移りたい」「外来を経験したい」「精神科で働きたい」など、様々な希望を基にして転職をするケースですね。 看護師の就職先には想像以上に様々な選択肢が用意されていますので、この理由もとても頷けます。 そして、ここまでの転職理由はとてもポジティブな転職理由ですが、次いで挙がってくる転職理由にはネガティブなものが増えてきます。 特に多いのが、下記の5つです。 人間関係が良くないため 超過勤務が多いため 通勤が困難なため 休暇がとれない・とりづらいため 夜勤の負担が大きいため 転職理由の上位に挙がっているこれらの理由はいずれも仕事内容に関する不満というよりは職場環境や労働環境に関する不満であることが分かります。 特に「職場の人間関係」と「就業状況(夜勤・残業・休暇など)」に関する悩みはほとんどの看護師が抱えていると言っても過言ではありません。 この中でも「職場の人間関係」に関する問題は、もっとも厄介な悩みです。なぜなら、人間関係だけはどうしても「相性」というものがあるので、仮に今の職場の人間関係が嫌で転職をしたとしても、次の職場でも同様の問題が起こらないとは限らないからです。 自分にとって望ましい人間関係が築けるかどうかについては、残念ながら入職してみなければ分かりません。また、大抵はどんな職場にも自分と相性が合わない上司や同僚が1人や2人はいるものです。 できる限り人間関係トラブルを防ぐためには、事前にしっかりと職場の内情について把握しておくことはもちろん、自分自身も入職後しばらくは新しい環境に積極的に馴染もうとする努力が必要だと言えるでしょう。 転職前に職場の雰囲気や人間環境をリサーチする上で有効なのは、下記の手段です。 転職エージェントに聞いてみる 自分で直接病院や施設に足を運んで見学してみる その病院・施設で働く知人・友人から話を聞く 3については、そもそも自分が内情を知りたい病院や施設で働く知人・友人がいなければ実行不可能ですので、あまり現実的ではないこともあります。 また、2の直接訪問してみる方法については、ウェブ上だけで情報収集をするよりは遥かに多くの情報を得ることができますし、自分の目で実際に確かめることができ、そこで働く看護師同士の挨拶や表情などから、どんな雰囲気で仕事をしているかをリアルに想像することは可能です。 しかし、直接病院や施設に足を運ぶのはどうしても時間も手間もかかりますので、現職で仕事も続けながら転職活動も並行している方には難しいかもしれません。 そこで活用できるのが、1の転職エージェントに聞いてみるという方法です。 良心的な転職エージェントは病院や施設と深い付き合いをしており、担当者が実際に何度も足も運んでいますので、病院の雰囲気や内情についてもよく把握しています。 また、数多くの看護師の転職相談に乗る中で、どの病院や施設で働いていた看護師がどんな転職理由で相談に来たのかというデータベースを持っているので、実際にその病院や施設で働いていた看護師からの口コミ情報が数多く蓄積されており、それらの情報を基にして希望する病院や施設の内情についても詳しく教えてくれるのです。 転職エージェントに確認するだけであれば手間もかかりませんし、自分で行動する以上に多くの情報を無料で手にすることができるので、おすすめです。 しかしながら、転職エージェントの中には、直接病院にも足を運ばずに、求人先の内情について全く把握していないような会社もありますので、注意が必要です。 そこで、ここではしっかりとした取材に基づいて病院や施設など紹介先の情報をきちんと把握している看護師専門転職エージェントを3社に厳選してご紹介します。 ナース人材バンク 看護のお仕事 マイナビ看護師 職場の人間関係に悩んでおり、次の職場こそは人間関係にストレスを抱えずに、気持ちよく働きたいという方は、ぜひ上記の転職エージェントに相談してみてください。 ただし、職場の雰囲気や人間関係といった情報はたぶんに主観的な印象も含まれますので、当然どの転職エージェントも完璧な情報を持っているわけではありません。 より情報の正確性を高めるためには、上記3社の転職エージェントに全て登録してみて、同じ病院や施設の情報を提供してもらうというのも手です。全てのサービスは無料ですので、ぜひ有効に活用しましょう。 施設別・仕事内容別に見る看護師の転職理由 上記データで「出産・育児」による転職と「結婚」による転職を除くと、転職理由としてはもっとも多くなっているのが、「他施設への興味」という理由です。 他施設への興味が出てくると言うことは、現在働いている施設の仕事内容には何らかの不満があったり、今の職場では実現できないことが出てきたということの裏返しでもあります。 そこで次は、看護師が働いている施設や仕事内容別に、代表的な転職理由をご紹介していきたいと思います。 これから違う施設への転職を検討している方は、自分が希望する施設で実際に働いていた看護師の方々はどのような理由でその施設を辞めようと思うに至ったのかを知ることで、希望する施設の良い面だけでなく悪い面もしっかりと把握した上で、より客観的に選択肢を判断することができるようになります。ぜひ参考にしてみてください。 施設別にみる看護師の転職理由 急性期病院の転職理由 療養型病院の転職理由 精神科の転職理由 大学病院の転職理由 訪問看護の転職理由 老人ホームの転職理由 仕事内容別にみる看護師の転職理由 透析の転職理由 手術室の転職理由 外来の転職理由

広告を非表示にする